インドネシアで食べられる日本食には、どんなものがあるのでしょうか。

最近のインドネシアは、外国人旅行者のニーズに合わせて、いろいろな種類のレストランが増えています。その中でも、日本と共通の米食文化をもつインドネシアで日本食の人気は高く、そのニーズは年々高まっています。ですから、以前よりもより身近に和食を楽しむことができるようになりました。

例えば、5つ星リゾート内の高級和食レストラン、味と素材にこだわった街のレストランに加えて、丸亀うどんや博多豚骨ラーメンの博多一幸舎など和食チェーン店もインドネシアに進出しています。食べ物の種類も、寿司に刺身、天ぷら、ラーメン、たこ焼き、牛丼など様々あります。

値段も、客単価が1万円以上のコース料理から200円ほどで買える和風総菜まで様々あり、本物の味にこだわった高級和食から庶民的な屋台まで、その時々の場面や状況に合わせて楽しむことができるわけです。

また、現地では少し変わった味のものもあるそうです。例えば、チリソースで食べるハラルたこ焼き。これは、お好みソースのような甘いソース、アメリカ系のマヨネーズ、チリ、かつお節がかけてあり、日本とはひと味違うたこ焼きになっています。それに辛い物が好きなインドネシア人にはわさびが人気で、わさび味のおスナック菓子なども人気があるそうです。
現地のインドネシア人が日本食を好んで食べているということもあり、日本食ブームはまだまだ続きそうです。
 

Comments are closed.

Post Navigation