海外では現地で働く日本人が生活に困らないように日本人街というものがあります。東京で生活するぐらいの都会ぶりが見られるインドネシアで代表的なのが、ポンドックインダです。日本人が通う学校のスクールバスの通り道であり、家族でインドネシアに移住している人に人気です。

ジャカルタ郊外にある工業団地が近くになり、会社が居住地として選ぶ地域です。単身で働きに来た人は、SCBD地区がおすすめです。デパートやショッピングモールがあり、買い物や休日の外出が有意義になります。オフィス街が多く大きな家は少ないですが、通勤の便や娯楽施設の充実さで人気を集めています。スナヤンという地区は地価が高いので、比較的裕福な家庭が多いです。

大手企業の従業員と家族が集まり、欧米の海外駐在員もいるので外国人エリアとして有名です。この場所にも大型ショッピングセンターがあり、治安が良い場所なので安心して住めます。インドネシアの日本人街では、経済的に豊かな暮らしができます。

日本では庭付きの一戸建てに住んで、お手伝いや運転手を雇うのは一部のお金持ちにしかできません。しかしインドネシアは物価が低い一方で、日本で働くのと同じくらいかそれ以上の給料がもらえます。よって月収が高くなり、広い家に住むことが可能です。最近では経済発展が著しいため、エステやマッサージ、ゴルフなどの施設が増え、趣味にかける時間やお金が充実します。レストランも多いですが、毎日外食をしても食費は月3~5万円程度と大きな負担ではありません。

Comments are closed.

Post Navigation