インドネシアというと日本には馴染みのある国であり、やはり観光の名所になっているところはリゾート地であるバリ島です。海外旅行先でもいつも日本人の中で上位を占めているアジアンリゾートであり、きれいな海とエステやスパといったサービスがとても充実しています。そんなインドネシアですが、首都はジャカルタであり、かなりの人口のある都市であり、ジャカルタの渋滞は深刻で慢性的な問題を抱えています。日本企業は賃金の安さから工場を建設して現地での生産を押し進めています。日本企業の中でインドネシアというとやはり自動車関係になります。インドネシアに行くと走る車のほとんどは日本車であり、日本車がほぼ独占しているような状況なのです。シェアがかなり高くそれだけ信頼性があるということになります。そのようなわけで自動車そしてモーターバイクのインドネシアの市場は日本が大半を占めている状況なのです。

インドネシアは人口が2億を超えている巨大な市場であり、これからの発展が期待されています。とはいえ貧富の差は大きくインフラ整備では大きく遅れており、こうした面での需要が大きいです。インドネシア人はインドネシア語を話し、言葉はマレー語と似ているところがありますが地方ではその地方独特の現地の言葉がたくさんあります。

Comments are closed.

Post Navigation