インドネシアでは、若くてフレッシュな日本人の力も求められています。

経験が豊富ですぐにでも管理職として働くことが出来るというような仕事だけではなく、マスコミなどメディアの仕事で活躍している人も多いのです。

たとえば、日本の企業がインドネシアのトレンド情報を知りたいこともありますし、逆にインドネシア人に日本文化を伝える情報誌の制作の仕事もあります。

特に最近ではインドネシアで日本ブームが起こっていることもあり、とても大切な役割を持つ仕事の一つと言えるのです。

日本のアニメやマンガ、ゲームなどは世界中で人気が高いのですが、インドネシアも同様で、アニメ関連のイベントもよく開催されていますから、イベントの企画実行などを出来る方の需要も高まってきています。

また、インドネシアは観光地としても日本人に人気が高い国ですから、旅行会社や観光ガイドなどに携わっている方もいます。

こういった仕事の場合、製造業や営業などとは違ってジャカルタでの勤務だけではなく、バリ島などまさに観光地で働くことも可能だったりするのです。

多くの人気スポットの情報についての知識が深く、どんどん新しい情報を発信してPRするスキルも求められます。

観光ガイドをする場合には、現地のインドネシア語が堪能でなくては務まりませんから、求人応募の際には語学力も大切なポイントの一つになってくると言えるでしょう。

日本で観光や旅行業を経験したことがある経歴も有利に働きます。

日本に居ながらにして仕事を探すことも最近では可能です。特に東京ですと就職イベントなども実施されており、インドネシアをはじめアジアで働きたい人に情報を提供するセミナーやフェアなども実施されているものです。

そのようなイベントを見つけては実際に話を聞いたり、場合によっては企業が来て説明会を行ってる事もありますので、参加するとか、履歴書持参でアプローチするといった方法もかなり熱意を感じ取ってくれるので効果的だと思います。

様々な現地情報を整理したサイトがこちらです。求人を探すには、インドネシア進出の日系企業を調べてみよう